ブログ天国

ブログ | マガジンワールド


「パーフェクトボディコントロール」で毎日全開!

 WHAT’S UP ABOUT FITNESS をご覧のみなさまはじめまして!男は全開!武井壮です! いやー、あの「TARZAN」さまから執筆依頼をいただけるとは思いもよりませんでしたが、参加させていただけるならばやはり全開、全開でお願いしよーかと思います!皆様よろしくお願い申し上げます!!

 さて、私は主にプロスポーツ選手やアスリートなどのトレーニング指導をさせていただいております。 私のトレーニングメソッドは「パーフェクトボディコントロール」というもので、簡単に説明しますと「自分の身体を自分の思った通りに操る」ことを目的としたトレーニング方法です。 頭の中で「こうしたい」と思ったことを実際に身体で表現できればスポーツの技術習得の速度は飛躍的に高まる。というのが基本コンセプトなのです。では実際の現場ではどのような指導を行っているのか、その一部分をご紹介いたします。

 トップアスリートのほとんどは、トレーニングに対するモチベーションも高く、優秀なトレーニング脳を持った選手の集まりです。それ故に同じトレーニングメニューをこなす上で、実力の差が開いてゆくことは本来起こりにくいことだと考えられます。 ならば何故同じトレーニングメニューを行っている選手間に実力差が生じるのでしょうか?当然、習得した技術レベルや筋力の差異なども影響するのですが、それ以上に重要となってくる要素があるのです。

 それは「体調」です。 みなさんも日常の生活のなかで「なんだか疲れてる」とか「今日は調子がよくない」といった感覚を覚えたことがあると思います。
アスリートにはそうした「ちょっとダルい」といった状態でトレーニングをすることが成長の大きな妨げになることが多いのです。

 私が指導する選手にはまず、カレンダーや日記に毎朝昼晩の室内と屋外の気温と湿度を記録させます。またその日の天候や風などあらゆる情報を記入し、その日に頭で感じた体調を◎、○、△、×で記し、さらに実際に身体を動かしてみてその結果(タイムやパフォーマンス)を同じく◎、○、△、×で記します。 こうすることで選手自身が、どんな天候や気温、湿度の時に自分の頭はどう感じているのか、また身体はどのようなパフォーマンスができるのかを、他の誰でもない自分自身のデータで知ることが可能になります。 本で読んだことのある「こうするといい」というデータではなく自分自身が実際に感じて、自分の身体を動かして取った世界に唯一のデータです。 選手がこうした作業に慣れてきたら更に、お風呂の温度や飲み水の温度、床の温度、着ていた服、寝具の素材などもっと細分化したデータを記入していきます。 これを何年か続けると、ほぼ全ての選手が自分のコンディションを思い通りにコントロールすることができるようになります。 空調や、衣服、寝具、摂取物などあらゆるデータから、どうすれば疲労が1分でも早く取れるのか、どうすれば気分良くトレーニングに向かうメンタルを作り出せるのか、どうすれば実際に高いパフォーマンスを発揮できるのかを考えて、「最も高いパフォーマンス」を発揮できる状態で日々のトレーニングをこなすことが可能なのです。

 トップアスリートといえど、一日でトレーニングに費やす時間はほんの数時間にすぎません。しかし、トレーニングで疲れた身体を癒す時間は20時間近くあるのです。 トレーニングの現場に着く前にもう勝負は決まっているのです。100ある体力をトレーニングで50使って、次の日のトレーニングにその50をどれだけ取り戻せるのか、そこにアスリートの成長はかかっているのです。 練習だけを熱心にこなして、日々過ぎ去って行く時間を漫然と過ごすのか、自分だけの大事なデータと向き合って「毎日絶好調!」になるための生活を送るのか、そこには大きな差が生まれます。 

 私は一般の方にも是非「毎日絶好調!」な全開な身体を目指してトレーニングに向き合っていただければと思います。そうすれば怪我や故障、体調不良などを未然に防ぐ万全の防御壁を持った自分だけの城を築くことができますよ!

 トレーニングフォームや技術よりも、まず自分自身を操る技術を身につけること、それが健康や栄光への第一歩です!