ブログ天国

ブログ | マガジンワールド


プロテニス選手の日々の生活とは?

 テニスという競技は1年の中でほぼ毎週、あらゆる国々で試合が行われています。プロ選手は各々の活動資金や、世界ランキング(ATP)国内ランキング(JTA)と、試合のレベル(※賞金総額が高い程ランキングの上位選手がエントリーします。)によって出場する試合を決定し、海外のトーナメントに出場している選手達は1年の内2/3又は3/4は、世界各国を放浪?しています。

 年間で15~20大会出場し、(選手によって差があります)勝ち上がれば1大会につき3回4回と、どんどん試合数が増えていきます。更にはシングルスだけでなくダブルスも・・・。
 そうすると1日で2試合(シングルス・ダブルス)。トータル時間で考えると3~6時間行い、更には練習・フィジカルトレーニング含めると8時間以上は毎日身体を酷使している事になります。

テニス選手、本当にタフです(苦笑)。

 試合中の生活は試合会場と宿泊しているホテルの往復が毎日で、唯一の息抜きが現地のお店(食事)に行くことでしょうか。賞金総額の低い大会のホテルはシャワーが水なんて事は当たり前(さすがに国内は無いですが)、寝ている時に現地の虫が出る事も・・・(泣)

 この様な生活から抜け出す為にはとにかく試合に勝ち続けていくしか道はありません!

 ちなみに最高峰の四大会(オーストラアンオープン・フレンチオープン・ウインブルドン・USオープン)は、ホテルは超一流、食事代なども無料、会場との送迎も個別にピックアップしてくれるそうです。

まさに天と地との差ですね。