ブログ天国

ブログ | マガジンワールド


ピラティスで自分の呼吸を内観する。

『呼吸のテクニック』とも言われるピラティス。
世界的にはピラティスを「呼吸のテクニック」と称する指導者もいるほど、呼吸は非常に大切な要素です。

 呼吸は意識しなくても常に行っている無意識の行動でもある一方、
意識的に腹式の呼吸をしたり、胸式の呼吸をしたり、ピラティスの呼吸、ヨガの呼吸、丹田呼吸、骨盤呼吸などなど、様々な呼吸法が存在する、意識的にも行える動作です。

 呼吸は自律神経系とも繋がりがあり、呼吸をコントロールすることで自律神経に働きかけることもでき、【意識と無意識を繋げる方法】とも言われています。

 では、みなさんは自分の呼吸についてどのくらい知っていますか?

 肺の機能、ガス交換のシステムなど生理科学的なこと、呼吸量、呼吸数などの数字的なことではなく、目に見えない、数値では計測できない自分の感覚的なことでです。

 ボディーワーク的に考えると身体面ではどうでしょうか?
たとえば、ピラティスの呼吸法は胸郭を意識的に動かします(コントロール)。ご存じのように肺は自らが動く機能は持ち合わせていません。肺を囲む胸郭が動くから、呼吸筋が働くから肺が動くのです。

 呼吸筋はコントロールが出来る随意筋でもあり、もしコントロール出来ない個所があれば、呼吸は不十分になっているかもしれません。
 自分の胸郭を十分にコントロール出来ているか・・・。

 厳密に言えば筋電図やエコーなどの装置を使ったりすれば数値的にも示すことは出来ると思います。ですが、そうではなく身体感覚でそれを感じてみる。

「感じられない時(解らない時)には触れるという行為が有効です」。
 胸郭を自分の手で触れてみて動きを感じることが出来るかどうか。
是非、自分の手で触れて呼吸を感じてみてくださいね。