ブログ天国

ブログ | マガジンワールド


アウトドアでのフィットネス③街中バイク!

 前回はトレッキング&滝めぐりのお話をさせていただきましたが、
今回はバイクについてです。

 ここ数年、自転車で移動する人がかなり増えてきましたが、震災後は特に増えているような気がします。自転車通勤をしている人たちに、なぜ自転車通勤をしているのかを聞いてみると、「お金がかからないから」「運動になるから」「痩せたいから」「地震の時にも気兼ねなく移動できるから」などという答えが返ってきます。確かにそうですね(笑)。

 自転車といっても色々な種類がありますが、ロードバイク、マウンテンバイク、両者の中間のクロスバイクあたりがいわゆる「バイク」という部類に入り、フィットネスとして適しているのではないでしょうか(いわゆる「ママチャリ」は、「バイク」って感じではないですよね!?)

 僕自身は、マウンテンバイクとロードバイクの二つを使いこなしています。以前川崎の宮前に住んでいたころは、仕事場である東京・表参道近辺までロードバイクで通っていた時期がありました。片道20キロ弱を50分~1時間前後で走っていました。

 今年の5月からは駒沢公園近くに引越しをして仕事場がだいぶ近くなったので、気分やその日の移動距離によってロードバイクとマウンテンバイクを使い分けています。移動距離が多い時やスピードを出して走りたい時にはロードバイク、移動距離が少なくてすむ時や色々と寄り道したい時はマウンテンバイクという風に。

 街中をバイクで移動していると、常に低~中強度の有酸素運動をしていることになるので運動不足になることはありません。登り坂などは、走り方にもよりますがかなりの高強度の運動になり、無酸素運動のレベルに入ることもあります。実際心拍計をつけて走ってみると、1分以上続くようなきつい上り坂では、170以上の心拍数になることもあります。これはほとんどダッシュをしているようなものですね。心臓も鍛えられるし、乳酸に耐えられる体になるし、はっきり言って若返ります。僕が初対面で30歳くらいに見られるのはそのせいかも(笑)フィットネスとして考える場合はそこまで強度を上げる必要はありませんが、タラタラ漕ぐよりは少し早いペースで漕ぐことをおススメします。絶対にメタボなんかにはなりませんよ!

 主要幹線道路沿いを走るのは、排気ガスなどであまりおススメできませんが、主要幹線道路から一本裏に入った道路などは狙い目です。今まで知らなかった道も覚えることができるし、お店なども覚えるし。僕の場合は、比較的国道246号はあまり走らずに、駒沢通りを走ることが多いですね~。
これから暑さも一段落してくるので、バイクは絶好のアウトドアフィットネスになるのではないでしょうか。
 街でバイクに乗っている僕を見かけたら声をかけてくださいね~!!!