ブログ天国

ブログ | マガジンワールド


女性の時代?

 女性の時代といわれて久しいですが、今年はなでしこジャパンの活躍もあって、スポーツ界においても女性アスリートの注目度が増しています。

 私の子供の頃を思い出せば、ボールを投げるという動作や走るという動作に関しては、どうしても女性はなよっとした動作になっていまい、個人的にも絶対に負けることはないと確信していました。
 その当時は、機能解剖学的にも女性は男性のような投球動作(フォーム)ができないなどと言われていたように記憶しています。

 ところがどっこい!
なっくる姫こと吉田えり選手もそうですが、今では女性と男性のフォームの違いはほとんど差がないといっても過言ではありません。
 私と接点のあるアスリートをみても、ボクシングWBA女子世界ミニマム級チャンピオンの多田悦子選手、本場アメリカでフットボーラーとして活躍する小倉典子選手、太極拳(剣)で世界選手権銀メダルの宮岡愛選手、皆さん女性という観点からの、機能解剖学的なフォームのデメリットは一切見つけることができません。

 パフォーマンス的に男性と比べても遜色がない。
これが様々な女性アスリートが一気に世界レベルにのし上がっていった理由であり、同時に人気がでてきた理由かと思います。

 努力と才能と運と、なんらかしらの偶然とを重ね合わせて、今まで未知であった世界に誰かが行く。
 そうするとそこはもう未知の世界ではなく、更にレベルアップした状態で次の人が行く。更に経験を積んで後継者たちが続々と押し寄せる。
その繰り返しが色々な記録を塗り替え、また不可能と思っていたことが可能となっていくのでしょう。

 トレーニングに関しても同様の事がいえるかもしれません。
絶対に自分では無理と思っていた重量が、練習を重ねるうちに徐々に射程圏に入ってくる。しかし一直線の右肩上がりではなく、必ず壁にぶつかって凹む時期がある。

 ここをどうやって打破するかが、自分にとっての未知の世界に行く最大のポイントです。大きな声をだしてみる(※ジムによっては禁止されています)、パートナーに補助をお願いする、クレアチンを使ってみる等、多方面からのアプローチを各人で考えてみるといいでしょう。
個人的にはカフェインがお勧めだったりもします。

 アプローチは科学的かつ計画的に行って、ぜひ自分の身近な未知の世界を覗くことに臨んでみたいものです。