ブログ天国

ブログ | マガジンワールド


「適応」と「順応」

 だんだんと肌寒くなってきました今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか? さて今回は、私・樋代、テニスネタではなく、トレーニングに関する情報を発信させて頂きたいと思います!

 既にこの What’s up about Fitness? を読んで頂いている読者の皆様は、定期的に身体を動かしていたり健康に関心のある方が多いと思いますが、「ピリオダイゼーション」という言葉はご存知でしょうか?

 このピリオダイゼーションは長期的なトレーニング計画の事を言いますが、元々は1960年代にロシアの運動生理学者L.マトヴェーフ氏によって提唱されたと伝えられています。
 目標にたどり着くにはどのように身体への刺激(強度・量)を増やし、調節をしたら良いのか? オーバートレーニングを防止し傷害を未然に防ぐ事や、必要最低限の時間で効率良く身体を最適に変化させていく・・・。
 私たち運動指導者は常にこの事を頭の中に入れて活動しています。

 人はある一定強度の刺激をかけ始めてくと、身体が徐々に「適応」し始めて来ます。
 例えばダイエット目的でジョギングを始めたとします。最初の3〜4週間では体重が段階的に落ちやすい状態(この事を適応)になりますが、同じ強度・量のジョギングをそれ以降もずっと続けていくと、体重が落ちにくくなってしまいます。このように身体が刺激に対して慣れていく事を身体の「順応」と言います。

 身体が「順応」していく事は人の自然な反応であり、決して悪い事では無いのですが・・・。

 先程の例でもありました、ダイエット目的で運動をする人や、身体をいつまでも若々しく保ちたい! あるいは大会に向けてベストのコンディションで挑んで、最高の結果を残したい!!等・・・。

 運動する事の目的・目標がより具体的で、こうなりたい!っという人達にとっては身体の「適応」と「順応」の事を、頭の片隅にでも入れて頂いてトレーニングをしていくと、なりたい自分にぐっと近づいていきます!!

 より効率的に最短距離でトレーニング効果を出したい方は、『Tarzanなび!』のパーソナルトレーニングをぜひご活用ください(#^.^#)!