マガジンワールド

【Vol.18】健康や美容にいい青魚を缶詰で手軽に。災害時の備蓄にも!

青魚が健康や美容にいいというのは、もう耳にタコができるほど紹介されているが、この前は、花粉症対策にもいいとテレビは伝えていた。(日本テレビ『世界一受けたい授業』2014年2月1日放送)
青魚に多く含まれるビタミンDとEPA、DHAが免疫力を高めてくれる効果があるという。
そのときに推奨されていた摂取量は1日1尾。

花粉症でなくても、厚生省は国民の健康維持を目的とした「日本人の食事摂取基準」のなかで、「DHAおよびEPAの目標摂取量を1日1g以上が望ましい」と発表している。
特に中高年以降にとって、DHAおよびEPAの効果は魅力的だ。
脳の活性、肥満予防、生活習慣病予防、アレルギー改善、眼精疲労改善などさまざまな分野において、予防や症状改善の影響があるとの研究が報告されている。

もう、絶対に健康にいいのはわかるのだけど、摂取量を突きつけられるたびに思う。
「そんなに毎日毎日、青魚ばかり食べられない!」
いや、漁師のもとに生まれた私は、子どもの頃は毎日が魚料理だったわけで、食卓に出してもらえば魚は毎日でも飽きずに食べられる。けれど、いざ自分で調理するとなると、魚料理は面倒だし、なんといっても旬というものがある。いつでも手に入るというわけでもないんだから。
…と買い物をしていると、あるコーナーに
「テレビ番組に取り上げられた影響で、品切れ中です」との張り紙がしてあった。

ああ!なぜもっと早く気づかなかったんだろう。これがあるじゃない♪
hourouki018-1

品切れが解消されてからというもの、うちには青魚の缶詰が常備してある。
どの缶詰もおいしく、骨も皮もまるごと食べられるから、カルシウムも気になるDHAやEPAもたっぷり摂ることができる。

hourouki018-2 さんまの味付缶詰。DHA 1965mg、EPA 1755mg (1缶150g分)

hourouki018-3 鯖の味噌煮。まるまる太ったサバがこんなに!(残念ながらDHA,EPA含有量の記載なし)

さすがに毎日とはいかないけど、忙しい朝食や手抜きしたい週末ランチなどに重宝している。しかも、先日の大雪のときは週末の買い出しに行けず、この缶詰があって助かった。災害対策にもおすすめです!