マガジンワールド

トレーニングで最も大事なことは?

 パーソナルトレーニングではクライアント個人の目的や体力などに合わせて「種目、強度(負荷)、時間(回数、セット数、インターバル)、頻度など」のプログラム変数を設定し、トレーニング・プログラムを作成します。

 実際にトレーニングを開始する前のコンサルティング(カウンセリング)で、作成したプログラムのご説明を終えた後、クライアントの皆さんから「エクササイズを行う最も適切な順番は?」「運動に適した時間帯は?」「食事と運動のベストなタイミングは?」等々のご質問を頂きます。
 例えば食事と運動のタイミングで言えば、エネルギーが不足している空腹時でも、内臓の働きが活発で筋肉の血流量が不足する満腹時でもない「食後3時間前後がベスト」なのですが、これをお伝えした後、忘れずに「あまり厳密に捉えず、おおまかに考えてください」と付け加えるようにしています。
 それは、ややもすると「忙しくて食後4時間を経過してしまったから」「今しか時間は取れないけど、食後90分しか経ってないから」と、ベストタイミングを逃したことがトレーニングをやらない理由になりかねないからです。

 体型を変えたり、体力を高めたりするために最も大事なことは「トレーニングを実行し、それを継続すること」です。仕事の関係で多少空腹でも、ジムの混み具合で多少種目の順番が変わっても、育児でいつもの時間とずれても、仕事の関係で多少お腹が空いていても、それは「実行しないこと」以上には大きな問題ではないのです(一日何も食べてない、一睡もしていない、関節や筋肉が痛いといった、特別に調子が悪い場合は別ですが)。

 私自身20年以上、週に3回、平均(実質)30分のトレーニングを課していますが(トレーナーのくせに少ないな!と怒られそうですが)、理想的なコンディションとタイミングで、プログラム通りにこなせる日はなかなかありません。それでも、忙しい日に減らした種目を、余裕のある日に行うなど、1~2週間で帳尻を合わせながら継続することで、何とか20代とほぼ変わらない体型と体力を維持しています。

 これからトレーニングを開始する方は多少なりともナーバスになり、細かいことが気になるのは良く理解できます。運動経験の少ない方、体力に自信のない方においては尚更でしょう。しかし、ターザン読者の皆さん、まずは誌面にあるプログラムの半分でも1/4でも1種目でもいいから始めて、そして「おおまかに」続けてみましょう。