マガジンワールド

【第40回】 中級者編 Vol. 4「LSDにも挑戦!」

普段のコースを、普段と同じく。
走り慣れてくると、同じ感覚で走っていても、タイムが短くなったり、カラダが軽く感じたりするモノです。
「あ~、私も走力がついて来た♪」
と、嬉しくなりますよね。
いつもと同じでも良いですが、たまには普段のコースを飛び出し、長く、ゆっくり、長距離を走るのも良い刺激になります。
ランニングの先輩たちが口にする、LSDが、まさにソレ。ロング、スロー、ディスタンスの頭文字を繋げた和製英語で、長い距離を走るスタミナを養えます。
ストイックに走るのはイヤ! というあなたにも、LSDならご褒美があります。
何と言っても、脂肪の燃焼効果が高い点。
当たり前ですが、いつもの公園でペースを上げるより、冒険気分で、行ったコトのない隣町を走った方が、ずっと長い距離=脂肪燃焼に繋がります。
息の切れない、笑顔で走れるペースで、ゆっくり長く。
30分走って、30分かけて戻る。
電車から見えた目標物まで行ってみる。
河川敷の道を水源に向け遡ってみる。
アイデア次第で、週末のランがエンタテイメントに早変わりです。
迷子になっても帰れるように、ポーチにスマホとお金を忘れずに(笑)。
(次号に続く♪)

※次回は、ペース走についてです。


このコーナーを応援するのはtokyogirlsrun.com/TOKYO GIRLS RUN (TGR)は、「東京ガールズコレクション」出演モデルをメンバーに迎えた、女性のランニングカルチャーをリードするランニングチームです。