マガジンワールド

右肩が下がり、右腰が上がっているカラダ。これからどうなっていく?

先日通い始めたスポーツクラブでアライメントについての掲示があり、友人と二人でお互いをチェックし合ってみました。私の場合、右肩が下がっていて右腰が上がっているのが大きく見られました。こういう場合はどんな症状がみられ、今後どこが痛くなってくるのか。また、治すにはどうしたらいいのかなど詳しく教えていただきたいです。 掲示だけではチェック後どうしたらいいのかもよくわからず、アライメントについての本もさがしてみましたが、見つかりません。以前のターザンでアライメントについて特集されていたのを知り、質問しました。よろしくお願いします。

腰痛や股関節痛の原因に。右半身の筋トレやストレッチでバランスを元に戻そう。

腰痛や股関節痛の原因に。右半身の筋トレやストレッチでバランスを元に戻そう。

ちゃんまーさんは、典型的な左足荷重傾向の姿勢のようですね。

通常、左足に体重をかけて立つと左の骨盤が右より下がります。実は、右の骨盤が上がってるのではなくて、左が下がっているというのが正しい見方となるのです。

そして、左の骨盤が下がると上半身が左側に倒れてしまうので、それをセンターに戻すために右肩を下げて体を右に傾けるという動作が自然に起こっているのです。

すなわち、左足に体重をかけて立つ癖があるために右肩が下がるという事になります。

ここから考えられるマイナスポイントは、荷重している左足の負担が増える事で、左右の足の筋力負担の差が著しくなり、その筋力差から左股関節や左膝関節の障害の可能性が高まります。

更に、無理に体を右に傾けようとする事で右わき腹辺りの筋肉が常に緊張する事になるため、やはり腰周りの筋緊張が強くなり腰椎への負担を多くしてしまいます。

結論として、この姿勢を続けると腰痛、股関節痛、膝関節痛が起こり安くなります。

階段は右足から昇る、右脚の筋力トレーニングをするなどで右足にもっと荷重できる癖をつけるとともに、右わき腹のストレッチを入念に行うなどをやってみてください。

相談者DATA

名前:ちゃんまー

年齢:20代

性別:女性

身長:168 cm

体重:51 kg

BMI:18.07

体脂肪率:23%

職業:学生

スポーツ・身体活動:
スポーツジムに通っています。週2回以上は必ず行くようにし、エアロなどのダンス系がメインです。

既往歴:特になし

健康状態:特になし

平均食事回数と量:
朝:シリアルに牛乳
昼:お弁当。冷凍食品も少し使います。必ずおにぎり。
夜:必ずお米。肉か魚料理と炒め物系。
間食(補食):時々おにぎりやお菓子。2日に一回くらいでしょうか…

平均睡眠時間:3~5時間